ひらがなの上手な書き方と練習のコツとは

ひらがなも書き順大事、柔らかく丸みを意識して

日本固有の文字のひらがなは、その流線美で外国人にも人気の高い文字です。小学1年生で書き方をマスターし、画数も少ないので書くことに難しいイメージはありません。ですが、その独特の形ゆえに上手に書けないと悩む人が多いのも事実です。そんなひらがなも、コツさえ掴めば誰でも美しく書くことができます。

 

ひらがなも書き順を意識

まず、意外かもしれませんが書き順は大事です。正しい書き順で書くと、ひらがなは流れるように書くことができるからです。

 

何度練習しても上手に書けない字は、もしかしたら書き順が原因かもしれませんので、正しい書き順を身につけましょう。

 

丸みのある形を意識

 

それから、ひらがなは柔らかく丸みのある形をしているのが特徴です。

 

「け」「は」「ほ」の左側など、つい直線的なラインで書いてしまいがちですが、やや丸みをつけてラインを書くようにしましょう。

 

同様に、「そ」「み」「ろ」など、横のラインで書き始めるひらがなも、まっすぐではなく弓なりに反ったラインを書くと美しくなります。

 

漢字のはらいと違い、ひらがなのはらいは丸みを帯びています。「お」「あ」「も」などの書き終わりが該当します。

 

大きな丸にならないよう気をつけて、柔らかく書くことを意識しましょう。書き終わりが丁寧だと、ひらがなの美しさが際立ちます。

 

ひらがなを上手に書くコツはいろいろありますが、一番大切なのは、心を込めてゆっくり丁寧に書くことです。ひらがな特有の柔らかさやまろやかさを意識できれば美しい字を書くことができます。穏やかな気持ちで書いてみましょう。

 

平仮名の文字のバランスなど大切です

ひらがなの字を書くコツは、字のバランスも重要になります。中心線ををイメージして、字の左右のバランス、縦の長さなど総合的に判断することで字が上手になります。また、一文字ずつ字の特徴があるため、それを理解しておきましょう。

 

「み」「そ」など反りが字の中に含まれていますし、反り具合をマスターすることで字が綺麗になります。

 

「ほ」「け」など縦画がありますが、これはまろやかさを出して優しい感じにすることは大切です。直線的に書くと少しキツイイメージになりますが、縦画の中心部分を少し膨らみを持たせて書くと字が優しい感じになるので、ちょっと工夫するとこでかなり優しい雰囲気がでます。

 

「ん」「え」など、一度来た道を少しだけ戻るような字は、少し戻って底の部分は同じ線上にあるように書くことで字が整います。

 

「き」「さ」などは、中心をしっかりと認識して、中心で終わるように字を書くと左右のバランスが上手に取れるので、見た目も綺麗に字が整います。

 

「ま」「よ」「は」の字は、少し平べったい丸を書く部分がありますが、おしりを振るように結んでみると字のバランスがよくなり、大きくなりすぎず丁度良い字になります。

 

「し」「も」は中心までしっかりと直線を書いた後に中心部分を意識しながら優しくターンすることで字が上がりすぎずちょうど良い感じになります。

 

「ね」「ふ」「れ」などは下部分から小さな丸1個が空く感覚で字を書くと綺麗になります。

 

字は一文字ずつバランスがあり、パターンも決まってくるので、それをきちんと理解していると綺麗な字を自然と書けるようになります。