左利きで字を綺麗に書く方法とそのコツ

残念ながらの左利きで字を書くデメリット

左利きの人は右利きの人より少数派ですから、なにかと不便な思いをすることが多いです。ドアも左側にドアノブが付いているものは左手では開けにくいですし、はさみも通常のものは左手では使えません。中でも大半の人が感じるのが、左手では字が書きにくい、上手に書けないということではないでしょうか。

 

左利きで字が下手な理由の多くは

左手で字が書きにくい原因の一つは筆順です。日本語の文字は右手で書くことを前提に作られています。きっと誰もが最初に文字を習うときに、文字は左から右へ鉛筆を進ませて書くように指導されたことでしょう。右手ならば左から右へ鉛筆が傾いている方向へ引っ張るように線を引くので、滑らかに書くことができます。ですが、左手では鉛筆の先が向いている方向へ紙に突き刺すように書かなくてはいけないので、とても書きにくい動きとなります。

 

左利きで字を上手に書くコツ

実は、左利きだからといって字が上手くなるために右利きの人とは違う特別なコツはありません。綺麗な文字をお手本にして丁寧にゆっくりと書く練習をするのみです。ただし、右利きよりも字を書きにくいということは事実なので、右利きの人以上に正しい字体と書き順を意識して書く必要があります。

 

例えば、美しい字を書くコツの一つとして横線は少し右上がりに書くというものがあります。右利きならば肘を支点にして回転させるように腺を引けば自然と右上がりの線が引けます。ですが左手では全て反転しますから、意識せずに横線を引くと自然と右下がりになってしまいます。なので、左利きの人が右上がりの線を引くためには右利きの人以上に強く意識して字を書く必要があります。

 

長年付いた癖を一人で直すのはなかなか難しいものがありますから、ボールペン字講座などでプロに添削をしてもらいながら練習をすると上達がグンと早まります。