綺麗な字を書くのにオススメのボールペン

美しい字を書くためにはボールペン選びも重要です。そこで、字がきれいに書けるボールペンにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

三菱鉛筆ジェットストリーム


油性ですが筆記抵抗が少ないので紙との摩擦が起こりにくくスラスラと線が引けます。くっきりと濃い線の字が読みやすいです。すぐに乾くので、インクが乾かないうちに擦ってしまう心配も少ないです。

 

ゼブラ SARASA 0.5mm


ジェルインクなので、油性のものよりも芯の太さが同じでも濃く見え、ハッキリと読みやすい字が書けます。インクの出が良いので、ボールペンにありがちなインクが出てこないという事態も起こりにくいです。その分若干乾きにくいので、擦ってしまわないように注意が必要です。

 

トンボ プレイカラー2


こちらはサインペンです。0.4mmと1.2mmの二つの太さの芯が1本のペンについているので、字の大きさや用途によって書き分けられます。色がたくさんありますから、字だけでなくイラストを書くのにもいいですね。

 

三菱鉛筆油性ボールペン楽ノック


独自の調査をしてインクの最適粘度を決めたそうで、ボールペン特有のガリガリとした感触がなくサラサラと書けます。クッキリとした、まるで印刷したかのような字になるのが特徴です。グリップが柔らかくて滑りにくいので、長時間握っていても疲れにくいのもポイントです。

 

ゼブラ スラリ 0.5


油性7割、水性3割の比率で作られたエマルジョンインクを世界で始めて搭載したボールペンです。油性のしっかりした手ごたえと、ジェルのさらりとした軽さ両方が味わえます。なめらかにかけますが、クッキリとした見やすい濃い線になるのでとても見やすいです。